肉や魚と相性抜群な粒マスタードです。九州の甘口醤油、大葉など地素材で仕込んだ食べる粒マスタードは、お肉やお魚など何にでも合う便利な万能ソース!冷蔵庫に常備しておくと便利で、ソーセージとの相性も抜群です! 肉や魚と相性抜群な粒マスタードです。九州の甘口醤油、大葉など地素材で仕込んだ食べる粒マスタードは、お肉やお魚など何にでも合う便利な万能ソース!冷蔵庫に常備しておくと便利で、ソーセージとの相性も抜群です!

ニュース

冷蔵庫に常備したい!いつもの料理が、お店の味に変わります!

『食べる大粒マスタード』は、和食や洋食をはじめフレンチ、イタリアンなど、さまざまな料理に合う新しい万能ソースです。
卵かけご飯やサンドイッチなど、いつもの料理にかけたり加えたりするだけでお店の味になりますよ。

冷蔵庫に常備したい!いつもの料理が、お店の味に変わります!

『食べる大粒マスタード』は、和食や洋食をはじめフレンチ、イタリアンなど、さまざまな料理に合う新しい万能ソースです。
卵かけご飯やサンドイッチなど、いつもの料理にかけたり加えたりするだけでお店の味になりますよ。

極TSUBUきわみつぶ 博多発の大粒マスタード

食べる大粒マスタード
大葉醤油風味 1個/140g

1,380円

九州の甘口醤油、大葉など地素材で仕込んだ大葉醤油風味の粒マスタードです。
肉料理や魚料理など、さまざまな料理に合うマスタードです。贈り物にも最適です!

美味しい使い方

シンプルにいつもの料理にかけたり、マヨネーズに混ぜてディップにしたりーー「食べる大粒マスタード」は色いろな使い方で楽しめる万能ソースです。
いつもの料理に、時短料理に、おもてなし料理にご利用下さい。

美味しい使い方

シンプルにいつもの料理にかけたり、マヨネーズに混ぜてディップにしたりーー「食べる大粒マスタード」は色いろな使い方で楽しめる万能ソースです。
いつもの料理に、時短料理に、おもてなし料理にご利用下さい。

ポテトサラダ

ポテトサラダに混ぜ込んだりかけたりすると、「デパ地下風」の味わいになります。

辛子高菜

辛子高菜とも好相性です。炊き立てのご飯にたっぷりかけても美味しいですよ。

白和え

白和えに大粒マスタードをかけてアクセントに。和風の料理にもバッチリ馴染みます。

胡麻鯖

練りゴマに大粒マスタードを加えて作る胡麻鯖。鯛やブリ、カツオを使うのもおススメです。

キムチ納豆和え

ご飯はもちろん、夏場は冷たい素麺や蕎麦に乗せるだけで美味しい時短料理の完成です。

フライドポテト

粒マスタードとマヨネーズを混ぜるだけで、揚げ物に合うディップソースが完成します。

厚焼き玉子

マヨネーズを混ぜて作るソースは、卵焼きとも好相性。大葉醤油の風味が爽やかです。

ベジタブルサンドイッチ

ケータリングでも人気のサンドイッチ。野菜とマスタードをたっぷり使うのがおススメです。

ねぎの豚バラ巻

豚肉とねぎの旨味に、大葉醤油風味の粒マスタードが良く合います。

アスパラベーコン

気持ち薄く味付けをして粒マスタードを回しかけると、ワインに合う一品に。

白身魚のカルパッチョ

オリーブオイルとマスタードを1:1で混ぜて作るドレッシング。かなりお勧めです。

ローストビーフ

食べる大粒マスタードは、かけるだけで肉に合うソースに早変わり。ぜひお試し下さい。

食べる大粒マスタード 開発秘話

福岡市にある小さなフレンチレストラン。この場所で「食べる大粒マスタード」は生まれ、クラウドファンディングによって全国へ向けた販売が可能になりました。

食べる大粒マスタード 開発秘話

福岡市にある小さなフレンチレストラン。この場所で「食べる大粒マスタード」は生まれ、クラウドファンディングによって全国へ向けた販売が可能になりました。

「博仏ダイニング KINOSHITA」オーナーシェフご挨拶

皆さま、はじめまして! 本WEBサイトをご覧になって下さり誠にありがとうございます。
「博仏ダイニング KINOSHITA」(福岡県福岡市)のオーナーシェフで「食べる大粒マスタード」の開発・監修を手がけた木下晶善と申します。

「お店では、玄界灘で獲れた鮮度の高い魚介、糸島の新鮮な旬菜などでつくる“博多のフレンチ”を、選りすぐりのワインなどとともに心ゆくまで楽しんでいただけます」(木下)

中学卒業と同時に料理の世界に入った私はホテルなどで腕を磨き、現在は福岡の繁華街 天神・大名の一角で、カウンターとテーブル1席の小さなフレンチレストランを営んでいます。お店は食材の仕入れから接客、調理まで1人で切り盛りをしています。

「お店では、玄界灘で獲れた鮮度の高い魚介、糸島の新鮮な旬菜などでつくる“博多のフレンチ”を、選りすぐりのワインなどとともに心ゆくまで楽しんでいただけます」(木下)

常連客のお土産から生まれた「食べる大粒マスタード」

『食べる粒マスタード』が誕生したのは、常連客で親しい友人でもある方から「フランス旅行のお土産」として頂いた本場の粒マスタードがキッカケでした。そのマスタードがとても味わい深く、フレンチのシェフとしてマスタードの素晴らしさを再認識しました。

マスタードはフランス料理に欠かせない調味料です。マスタードの使い方が上手なフランス人は、煮込み料理、肉・魚料理の隠し味にと、日本の「醤油のような感覚」でマスタードを使います。

そこで、日本では市民権を得られていないマスタードを「日本に馴染む形で広め、博多発の新たな食卓調味料を作ろう!」と思い立ち、『食べる粒マスタード』の開発をスタートさせました。

福岡の繁華街 天神の一角にある「博仏ダイニング KINOSHITA」(福岡県福岡市)の外観。カウンターとテーブル1席の小さなフレンチレストランで「食べる大粒マスタード」は誕生しました。
福岡の繁華街 天神の一角にある「博仏ダイニング KINOSHITA」(福岡県福岡市)の外観。カウンターとテーブル1席の小さなフレンチレストランで「食べる大粒マスタード」は誕生しました。

九州の甘口醤油など、地素材で仕込んだ和風の味付け

通常、マスタードシードの仕込みには白ワインビネガーを使用しますが、ツンと鼻にくる特有の酸味は、「日本人には馴染みが薄いのでは」と考えていました。

そこで、日本人に合う粒マスタードを作り上げるため、仕込みには柔らかな酸味を持つ穀物酢をメインに使用し、発酵の方法や味付けなどについても研究を重ねました。

「日本人に馴染みのある穀物酢と蜂蜜などを加えて、粒マスタードを発酵させていきます。あまり知られていませんが、マスタードも味噌や醤油と同じ発酵調味料なんです」(木下)

そして試行錯誤の結果、九州の甘口醤油、大葉など地素材で仕込んだ大葉醤油風味の『食べる大粒マスタード』が完成しました。
出来上がった粒マスタードは、肉や魚の付け合わせはもちろん、和食や洋食など幅広い料理に合わせられるものに仕上がりました。

「日本人に馴染みのある穀物酢と蜂蜜などを加えて、粒マスタードを発酵させていきます。あまり知られていませんが、マスタードも味噌や醤油と同じ発酵調味料なんです」(木下)

「食べるラー油」のような使い勝手の良さ

実際にお店でお客さまに振舞ってみると、

「何にでも合う万能ソースで、そのまま食べても美味しい!」
「特に肉に合うソース」
「食べるラー油と同じような使い勝手の良さがいい」
「冷蔵庫に常備しておきたいから分けて欲しい!」

などのお声をたくさんいただき、とても好評でした。

「肉に合うソース」「食べるラー油と同じような使い勝手の良さがいい」「冷蔵庫に常備したい」など多くの声が寄せられた「食べる大粒マスタード」。

特にうれしかったのは、「家庭料理で使いたいので、定期購入できるようにして欲しい」との問い合わせを多くいただいたことです。
「食べるラー油」と同じような使い勝手の良さもあり、皆さまの声にお応えするべく全国へ向けての販売計画をはじめました。

「肉に合うソース」「食べるラー油と同じような使い勝手の良さがいい」「冷蔵庫に常備したい」など多くの声が寄せられた「食べる大粒マスタード」。

クラウドファンディングで全国への販売を実現!

そんな中、コロナ感染症の影響により、お店の経営状態は大きく悪化しました。販売計画も足踏み状態となりましたが、常連客からの助言でクラウドファンディングを始めることにしました。

本当に厳しい状況でしたが、ここで立ち止まるのではなく、『食べる大粒マスタード』を広める活動を行うことで、自宅で過ごす多くの方々の気持ちが少しでも前向きになるような「美味しい時間」をお届けできるのではないかと考え、販売プロジェクトを立ち上げました。

その結果、クラファン開始からわずか6日間で目標を達成することができました。改めて支援して下さった全国の皆さまに心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

コロナ禍にも関わらず、クラウドファンディングでは多くの支援が集まり、「食べる大粒マスタード」は世に出ることになりました。
コロナ禍にも関わらず、クラウドファンディングでは多くの支援が集まり、「食べる大粒マスタード」は世に出ることになりました。
極TSUBUきわみつぶ 博多発の大粒マスタード

食べる大粒マスタード
大葉醤油風味 1個/140g

1,380円

九州の甘口醤油、大葉など地素材で仕込んだ大葉醤油風味の粒マスタードです。
肉料理や魚料理など、さまざまな料理に合うマスタードです。贈り物にも最適です!